<基礎知識>様々な規定のある霊園使用

霊園におきましては墓地使用権の取り消しについての規定というものが基本的には決められています。
管理料を滞納したり、支払いを全くしなければ、墓地の使用権を抹消されてしまうこともあるのでお気をつけ下さい。管理料の支払いについてですが、これは毎年必要なことであり、一年に一回決められた期日に支払うこととなります。
霊園によりましては、数年分を一括前納となる場合もありますので、確認をしておきましょう。施行期限としまして納骨の予定が決まっていなかったとしましても、決められた期限までに施行をしなければいけない規約を持つ霊園もあります。
さらに、場合によりましては外柵だけは整備するように言われることもあります。 当然のことですが霊園というのはその土地を利用する権利を購入することになりますのである程度まとまって費用が必要です。
ローンで購入をすることも出来ますが、支払いを遅延してしまうと撤去されてしまうこともあるのでお気をつけ下さい。



<基礎知識>様々な規定のある霊園使用ブログ:2017-08-31

最近、おれはゴルフを始めました。

友人や仕事関係の人に会った時、
挨拶がてらに「ゴルフを始めた」と話しをすると
おれを知るほとんどの人が「意外だねぇ」と応えます。

昔、どんなに誘われても断り続けたゴルフ…
それが今では、時間を見つけては
打ちっ放しに行くまでになったのです。
それは、ひょんなことがきっかけでした。

幼稚園に通うむすことおれとお父さん(ジジ)の
親子三代で出かけた時のこと…

むすこが
「ジジはぼくのおじいちゃんだけど、パパのおじいちゃん?」
と聞いてきました。

どうやらむすこにとって
「ジジ(祖父)とおれ(父)」の関係が
今ひとつわからないようなのです。

「ジジはパパのパパなんだよ」と答えると、
むすこは不思議そうな顔をして
「ウソだよ。ジジはパパのパパじゃないよ」と言います。

やはりお子様にとっては
少し難しいのかなと思っていると…

「パパはいつもボクと手を繋いでくれるのに、
ジジはパパと手を繋いでくれないじゃない?
ジジとパパが親子なら、なんでボクみたいに手を繋がないの?」
とむすこは半泣きになっているのです。

むすこは
父母とお子様は手を繋ぐもの…と感じたようです。

むすこの泣き顔と孫の言葉に、
恥ずかしながらもおれとお父さんは手を繋ぎました。

何十年も繋いでなかったその手は、
ゴツゴツしたお父さんの手から
シワシワのおじいさんの手になっていました。

不思議と涙が出て来ました。
元気で頑固なお父さんも
本当におじいさんになってしまったんだなぁ…

そしてこれから先、
少しでもお父さんと一緒に過ごしたいと感じたのです。

お酒も飲めないおれにとって、
これからお父さんと楽しく時間を過ごせるもの…
それがゴルフだったのです。