<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う

<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う


<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う
一般的な考えとしまして都市型霊園の方が郊外の霊園よりも多少なりとも高額となってしまう傾向があります。
また管理費というのは滞納を続けてしまいますと、霊園の使用権を取り消されてしまうこともあるのでご注意ください。東京におきましての公営墓地というのは1m2あたり620円〜となっており、民間霊園は5000円〜1万5000円程度と割高となります。
そして寺院墓地におきましてはお布施や冥加金などといった名目により6000円〜2万4000円程度必要となることがあります。墓地に設置をしてある施設の維持や管理などに対して必要となる費用の管理費というのは基本的には毎年支払っていくこととなります。
これら管理費は参道整備、水道設備、駐車場、緑地、そして墓地清掃などなど広範囲に渡って使用されることとなります。 生前墓として事前に霊園を買っておく人が多いですが、基本的には公営の霊園では遺骨が無いと申し込みが出来ません。
ですので、もし生前墓を購入されるのでしたら、民営や寺院の霊園を利用する必要があるのです。




<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払うブログ:2017-10-15

俺達夫婦に子どもが産まれて
改めて、人の数だけ出産の数があることに気付きました。

愛すべきパートナーも、
苦手な人も、世の中の人すべて…

長時間の陣痛に苦しむお母さんと、
それに付き添いながらも
何にもできないと無価値感になる父親のドラマが
そこにはある…

そして、
医師や助産師さん達の数え切れないほどのエールを受けて、
お母さんは子供を無事に出産するわけです。

もちろん、
俺自身もそうして生まれてきたんだと思うのです。

1週間くらい前、子どもを見せに実家に帰りました。
こっそりと、自分の生まれたときのアルバムを開いてみました。

そして、思うのです。
俺は、今、自分の子どもを思うように、
父親やお母さんにも同じ気持ちで見てもらっていたんだな…って。

俺が自分の子どもを見るのと同じ眼差しを、
父母がくれていたんだなって気付くのです。

我が子は、
おしめが気持ち悪ければ泣き、おっぱいが欲しければ泣き、
不快な気持ちになれば泣きます。

最近は、腕や足をバタバタさせて
身体全身で怒りをあらわにしたりします。

かと思えば…
シラーっとした顔をして、
おしっこもウンコもしてくれます。

1週間くらい前などは、
なかなか寝付いてくれない我が子を、
意識が朦朧とした中で抱っこしていると、
俺の意識が途切れそうになりました…

もぅ、自分のコントロールは利きません。
想定外だらけなんですよね。
ほとんど寝てません。かなり過酷です。
本当にサバイバルだなって感じです。

でも、
こうして俺達夫婦は父親とお母さんになり、
子どもは元気に育っていくんだと感じるのです。
俺が、子どもから大人になっていくように…

<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う

<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う

★メニュー

<基礎知識>宗教と立地条件が大切な霊園選び
<基礎知識>最も大きな費用が必要となる墓石代
<基礎知識>管理体制と霊園の設備などを確認
<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う
<基礎知識>公営墓地を選ぶメリットとデメリット
<基礎知識>供養方法は様々選択することが出来る
<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認
<基礎知識>民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない
<基礎知識>永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無い
<基礎知識>様々な規定のある霊園使用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)もっとも注意する必要のある霊園選び